安易なバイアグラはNGで

精力剤で勃起不全を治療しようと考えた場合、真っ先に思い浮かぶのがバイアグラによる治療です。
バイアグラは出た当初から勃起薬、ED治療薬として不動の地位を築き、日本に輸入が可能になってからは国内でも爆発的な売り上げを見せました。
バイアグラは病院でも処方されるくらいに効果が認められている精力剤で、EDの治療に絶大な効果を発揮すると言われています。

なら、以前紹介した「The GOLD」や「Going」よりバイアグラを購入したほうがいいのではないか。
そう考える人は大勢いると思います。

けれど、安易にバイアグラに手を出してはいけません。
バイアグラは効果がすごいと言われていますが、その分無視できないレベルの副作用を招く可能性もあるからです。

バイアグラの主な成分はクエン酸シルデナフィルです。
このクエン酸シルデナフィルは血圧を下げる作用が大きいため、結果として頭痛や眩暈、立ちくらみ、腹痛、色覚障害、筋肉異常を引き起こす恐れがあります。この症状は一時的なものですぐに収まると思います。
けれど、問題なのは狭心作用がある薬と併用した場合、狭心病を引き起こす可能性が非常に大きいです。
また、何らかの既往症(特に心臓や血流にかかわる既往症)に罹患していたことがある場合でも、狭心病を招く恐れが非常に大きいです。
たとえ勃起不全を治療できたとしても、狭心病になってしまったら意味がありません。

バイアグラには特に用法・用量が定められていないことが多いので、個人の良識の範囲にゆだねられています。
なので、少しでも副作用を感じるようなら、すぐに服用をやめて医者に相談しましょう。
バイアグラは精力剤と比べてもかなり高価なものです。
なので安易に手を出すのは絶対にやめましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ